土曜日, 6月 25, 2022
Forex Trading MasterClass

スキャルピングガイド

FXは素早く、簡単に稼げるように思われるかもしれません。ハイレバレッジをかけて、数ピップスを目標に、決済する。 簡単に聞こえますよね?何度か連続して負けて、勝ちよりも負けが大きいことに気づくまでは。。そしてなかなか負けから抜け出せなくなります。

では、スキャルピングを取引方法として利用する場合の答えは何でしょうか? 残念ながら、その答えは、1回のトレードでどれだけ稼ぎたいか、または目標を高く設定するよりも、目標を低く設定することです。

FX手法としてスキャルピングはおすすめできません。この方法を使用しているトレーダーのほとんどは、取引のための確固たる理由を持たず、最終的にはほとんどトレーダーにとっては上手く機能せず終わります。 ポジショントレードを聞いたことがある人は、スキャルピングで儲けたいと思っている人におすすめしたいのがこれです。

ポジショントレードをする際に、通貨ペアで複数の回トレードし、平均価格で取引を終えます。ポジションの種類とリスクレベルはあなた次第です。 しかし、あなたがこの手法を試したい場合、デイトレードでも同じアプローチを取ることができ、小さなポジションを行うことができます。

FXスキャルピングとは何か?

投資の世界で、スキャルピングは、1日に数回ポジションのエントリー、決済を繰り返し、定期的に小さな利益の「すくい取る」ことを言います。FX市場でのスキャルピングは、一連のリアルタイム分析に基づいて通貨を取引することです。スキャルピングは、通貨を売買して、非常に短い期間ポジションを保有して、わずかな利益を得るために決済することで利益を得ることを目的としています。多くの取引は、通常、テクニカル分析チャートツールからシグナルに基づいているシステムを使用し、取引日を通して行われます。チャートは多数のシグナルで構成されていて、それらが同じ方向を指しているときに買いか売りかの判断を行います。FXスキャルパーは、小さな利益を得るために数多くのトレードを探しています。

FXスキャルピングはどのように行うのか

スキャルピングは、 FXのポジションを他のセッション期間に持ち越したり、一晩中ポジションを保有したりすることはなく、現在のセッション期間中にポジションにエントリーし、決済するので、デイトレードとは異なります。しかし、デイトレーダーは1日に1~2回、あるいは数回ポジションを取ったりしますが、スキャルピングはもっと頻繁に、セッション中に何度も取引を行います。

デイトレーダーが5分足と30分足のチャートでトレードするのに対し、スキャルパーはティックチャートと1分足のチャートでトレードすることが多いです。特に、経済指標データやFXニュースが発表される時に発生する高速な動きをキャッチしようとするのが好きなスキャルパーもいます。このようなニュースには、雇用統計やGDPの数字の発表が含まれています。

スキャルパーは、それぞれのトレードから5~10pipsの間でスキャルピングをし、それを1日中何度も繰り返すのが好きなのです。ピップとは「パーセンテージ・イン・ポイント」の略で、通貨ペアが取ることができる最小の為替レートの動きのことです。高いFXレバレッジを使用して、一度に数ピップスの利益で取引を行うと、追加で利益を得ることができます。スキャルパーはトレードで利益が出ていれば最高の結果を得られますし、一日の中で何度も何度も繰り返すことができます。

覚えておいてください、FXのスタンダードロットでは、1ピップの平均値は$10です。つまり、5ピップスの利益が出るごとに、トレーダーは一度に$50ドルの利益を上げることができるということです。1日に10回行うと、合計$500になります。

FXスキャルピングツール

FXスキャルピングの手法には、FXトレーダーがシグナルを探して、買うべきか売るべきかを解釈するマニュアル的なものもあります。 しかし、スキャルパーの中には、国内外のFX会社で取引をする際に、自動売買システムを利用している人も少なくありません。トレーダーは、どのようなシグナルを探すべきか、シグナルが発動したらどのようなアクションを取るべきかをシステムに指示しています。

先ほどの例で、EURUSDレート$1.1050で買いポジションにエントリーし、$1.1150で決済し利益を得た場合、トレーダーは利益確定注文を自動化することができました。 言い換えれば、EURUSDレートが$1.1150に移動したときに自動的に取引が開始され、自動的に決済できました。

トレーダーは、レートがポジションに対して反対に動いた場合に、ストップロス注文を自動化することもできました。そのため、ストップロス注文が$1.10に設定されていた場合、為替レートが$1.10に達すると自動的にポジションが決済されます。ストップロス注文は、取引の損失を制限するので、スキャルピング戦略でリスクを管理するために非常に重要です。

テクニカル分析のタイムリーな性質により、リアルタイムチャートはFXスキャルパーに最適なツールとなっています。 テクニカル分析では、ボリューム、価格の勢いボラティリティを利用して取引機会を特定します。 最近のレンジ相場をブレイクしたり、前日終値よりも高くまたは低くブレイクしたりする相場は、テクニカルトレードでも利用されます。 多くの場合、FXスキャルピングの手法は、テクニカル分析とチャートからのシグナルを使用して引き起こされる自動売買を組み合わせて使用します。

FXプライスアクションスキャルピング

プライスアクション はインジケーターが無くても機能する手法です。その代わりに、スキャルパーはローソク足チャートサポートとレジスタンスレベルを分析して、例えばボリンジャーバンドや単純移動平均線(SMA)などから得るのと同じ情報を解読しています。 価格の詳細な分析を行うことで、トレーダーはトレンドの継続性に基づいた情報で決定することができ、ターゲットが適切なリスク・リターンの比率を持っている場合にのみ、スキャルピングします。

FXスキャルピングインジケーター

ほとんどのトレーダーは、世界中の主要都市の取引時間にアクセスして、グラフ、ピップス、テクニカルインジケーターに完全に触れることができるFXスキャルピングシステムを使用しています。テクニカル分析は、特にチャート分析では、1日の最も忙しい時間帯に機会を探し、完全に集中し続ける事が求められます。必要があります。 ボリンジャーバンド、ストキャスティックオシレーターケルトナーチャネルなどのFXスキャルピングインジケーターは、オンラインFX市場をモニターしながら、トレーダーにパターン、トレンド、警告を示すために機能します。 では、スキャルピングにおすすめのFXインジケーターは何でしょうか?以下、FXアプリで提供している人気のFXスキャルピングインジケーターの例をご紹介します。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドチャートは、FX市場のボラティリティを示すのに有効です。取引が非常に速く、通常は各ポジションで最大5分以内に取引が完了することが多いので、スキャルパーに役立ちます。ボリンジャーバンドスキャルピングは、FXスプレッドが低い通貨ペアに特に効果的なFXスキャルピングインジケーターで、これらは最も不安定度が低く、正しく実行された場合、FXスキャルパーが一度に複数の利益を得ることができます。これらには、EURUSD、GBPUSD、EURJPYなどのメジャーとマイナー通貨ペアのミックスが含まれています。

移動平均線

一般的なFXチャートには複数の移動平均線があります。スキャルピングでよく使われるFX指標には、単純移動平均線(SMA)と指数移動平均線(EMA)があります。スキャルピングでよく使われるFXインジケーターには、単純移動平均線(SMA)指数移動平均線(EMA)があります。これらは、通貨の価格動向の短期的な変動を表すために使用できます。 移動平均線グラフは、他のものよりも変化を素早く見極めることができることから、プロがよく使うFXスキャルピングインジケーターのひとつです。

スキャルピングの設定方法

スキャルパーになるための設定は、非常に迅速な売買を可能にする取引ツールを使用して、マーケットメーカーへの非常に優れた、信頼性の高いアクセスが必要がです。 通常、ツールは、通貨ペアごとに買いボタンと売りボタンがあるため、トレーダーは適切なボタンを押してポジションに出入りするだけです。 流動性のある市場では、執行が一瞬で行われることがあります。

FX口座の選び方

FXは国際市場であり、政府や業界では店頭(OTC)FX取引をある程度規制する法律を導入する努力がなされていますが、ほとんど規制されていないということを覚えておいてください。

トレーダーとして、FX会社との契約とあなたの責任が何であるか、そしてFX会社がどのような責任を持っているかを調査して理解するのはあなた次第です。必要な証拠金の額と、ポジションがあなたに不利になった場合にFX会社が何をするかに注意を払う必要があります。これは、レバレッジが高すぎる場合、口座の自動清算を意味する場合もあります。契約書類をしっかりと確認しましょう。FX口座を開設する前に、規約全てによく目を通し、読んでください。

>> FX口座比較はこちら

FXチャートソフトウェア

スキャルパーとしては、FX会社が提供しているFXチャートソフトを熟知していなければなりません。FX会社によって提供しているツールが異なる場合がある為、常にFX練習用口座を開設し、完全に使いこなせるようになるまでツールを使って練習する必要があります。あなたは市場でスキャルピングをする為、ツールを使いこなせないと致命的です。

買いボタンを押すつもりで間違って「売り」ボタンを押してしまった場合、市場がすぐに同じ方向に行った場合はラッキーで、ミスから利益を得ることができますが、そうでなければ、意図したポジションとは逆のポジションに入ってしまったことになります。このような間違いは損に繋がります。ツールのミスや不注意が損失の原因になることもあります。取引に実際の資金を使う前に、ツールを使用して練習してください。

>> おすすめのFX チャート

流動性

トレーダーは、EURUSD、GBPUSD、AUDUSDなどの主要通貨ペアや、GBPAUDなどのマイナー通貨ペアのスキャルピングを検討する必要があります。これは、市場に頻繁エントリ出入りするため、これらの通貨は取引量が最も多く、損失を最小限に抑えるためにスプレッドが最も狭いからです。 スプレッドが狭くなればなるほど、取引が利益を得る前にレートが移動しなければならないピップス数は少なくなります。しかし、経験豊富なトレーダーの中には、マイナーペアやエキゾチックペアのスキャルピングを好む人もいます。

これは通貨にもよりますが、FXのスキャルピングに最適な時期については、トレーダー間の一般的な意見の一致があります。例えば、英ポンドをベースにした通貨ペアの取引は、ロンドンの取引セッションの最初の1時間、午前中が最も成功する傾向にあります。しかし、USドルの取引量が最も多いため、どの主要通貨ペアでもニューヨーク取引セッションの最初の数時間は、一般的に取引に最適な時間帯となっています。 言うまでもなく、トレーダーは選択した市場の取引時間外にチャートを監視しません。スキャルパーの中には、市場が最も不安定な朝の早い時間帯を好む人もいますが、この手法は、リスクがより大きな結果を生む可能性があるため、素人よりもプロの投資家のみにお勧めします。

保証された約定

スキャルパーは、自分のトレードが意図したレベルで約定されることを確認する必要があります。したがって、FX会社の取引条件を必ず理解してください。一部のFX会社は、市場が速く動いていない時間帯に約定保証を制限することがあります。 また、いかなる形式の約定保証も一切提供しない場合があります。

一定の水準で注文を入れて、意図した場所から数ピップス離れて実行することを、FXではスリッページと呼びます。スキャルパーとしては、スプレッドに加えてスリッページを支払う余裕は無いため、注文が要求したレベルで約定できるか、確認しなければなりません。

冗長性

冗長性とは、大惨事から自分自身を守ることです。取引の専門用語に冗長性があるということは、複数の方法で取引にエントリー、決済したりする能力があることを意味しています。 インターネットの接続速度はできるだけ速くしましょう。インターネットがダウンした場合に何をするか知って下さい。カスタマーサービスに連絡をし、どのくらいの速さで本人確認ができるのでしょうか?あなたがFXポジションを持っていて、すぐに決済、または変更する必要があるとき、これら全ての要因は重要になります。

チャート時間枠の選択

何度も何度も取引を実行するためには、ほぼ自動でフォローできるシステムが必要になります。スキャルピングでは綿密な分析をする時間が取れないので、それなりに自信を持って繰り返し使えるシステムが必要になります。 スキャルパーとしては、ティックチャートや1分足や2分足、そして5分足などの非常に短期的なチャートが必要になります。

>> 1分足スキャルピング手法

負け始めるとスキャルピングが楽しくなくなる

“FXでスキャルピングをしてみても、結局スキャルピングされてしまう “という言葉があります。 FXスキャルピングは勝っている時は楽しそうに見えますが、負け始めた途端に楽しくなくなってしまいます。実験をFXの失敗と呼ぶ前に、ほとんどのトレーダーが資金の大半を失います。

それは自然の原理です。誰よりも市場よりも賢いと感じたいでしょう。本当のところは、市場は市場であり、私たちにできることは市場に従うことだけです。“市場に勝つ”ことはできません。どうしてもスキャルピングをしたい場合は、このFXスキャルピングのコツを学び、このルールを守ってください:

  • はじめに: 取引は小さく。大きな資金で素早く稼ぎたくなりますが、それは間違いなく敗退への確かな道です。 取引をは小さく保ち、失敗しても破綻しないように余裕を持って臨みましょう。
  • 次に: ストップを利用する。スキャルピングは簡単に失敗してしまうことがあります。 これは素晴らしいリスク・リワード・レシオを使用するものではありません。最大損失となるストップを設定ましょう。ストップ になった場合は、受け入れ次に進みましょう。
  • 最後に:トレードを学ぶ。馬鹿げたことを言っているようですが、全体的にはスキャルピングは有効な取引方法ではありません。他の手法と併用することもありますが、単体で使うべき手法ではありません。本当にトレードをするのではなく、スキャルピングをしているのであれば、FXのトレードを学びましょう。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles