Monday, October 25, 2021
Forex Trading MasterClass

ソーシャルトレード

Homeソーシャルトレード

— ソーシャルトレードとは?これはFX取引の達人のディールをそっくりそのまま真似をさせてもらい、利益がでたら一定金額を謝礼で支払うといった類のある意味「人任せのトレード」になります。 これが本当にトレードかという議論は当然ありますが、シストレと経て海外ではかなり流行している取引手法なのです。しかし国内ではこのやり方は全くと言っていいほど流行っていません。その理由は「金融庁による厳しい規制」にあります。

ソーシャルトレーディング:プロの力を借りる

あなたの代わりに取引をしてくれるプロを見つけることができれば、自身がFXトレーダーとして成功しなくても良いのです。 FXに割く時間、意志が無い人もしくは、自分自身でトレードをする能力がない人にとってプロの力を借りることは有効な手段です。スキルと経験を必要とする他の何かと同様に、ほとんどの人はプロを雇えばはるかに良い結果を出すことができるでしょう。 そのためには有能で、信頼できるプロのトレーダーを見つける方法を知ることが重要です。プロとは言っても、様々な種類の中から自動売買システムを購入することと同様に、それぞれの能力は大きく異なります。個人がプロトレーダーを選ぶ時の大きな問題点は、以下の通りです。

  • プロトレーダーのパフォーマンスに関する信頼できる情報が不足している
  • ほとんどの人がプロを評価する専門知識や時間を持っていない

評判の高いのにもかかわらず、内容が無く、しかも説得力に欠けるプレゼンテーションをしているファンド運用会社が多く存在しています。逆を言えばそれだけ真のプロトレーダーを選ぶ方法を知らない投資家が大勢存在しているということです。 もしあなたもその中の一人なら、それはそれで仕方が無いと思いますが、自分自身でトレードを学び始めなければいけません。もし、それが不可能であるならば、信頼できるFXのプロトレーダーを紹介もらったり、少なくとも正しい方向に導いてくれる人のアドバイスを求めたりしてください。 ここで、優秀なトレーダーを探す為のいくつかのポイントをご紹介します。 実績があり、信頼できるアドバイザーを紹介してもらうことは、有能なプロを見つけるための最善の方法です。もし、その様なアドバイザーを既にフォローできているのであれば、次のセクションを読み飛ばしてください。もし見つけていないのであれば、次のことを念頭に置いてください。

  • 現実的なリスク/リターンでトレードしている:他のビジネスや投資と同様に、確認テスト行ってください。非現実的な低リスクで高いリターンを得ている人のほとんどは、怪しいと言えます。報酬とリスクの比率が異常だと思われる場合は、他の信頼できる誰かを探してください。
  • 公式ライセンスに登録しており、管理されている:過去数年で実証されているように、規制された市場であっても、その監視能力は常に信頼できるものではありません。しかし、アドバイザーが何らかの基準、監視、説明責任を課す公式のライセンス機関に登録されていれば、それはまだある程度の正当性の印となります。他に何もないのであれば、それはブラックとなる兆候であり、不正行為を行っている可能性があります。基本的に信頼できる法律がある国では法人化されています。もちろん日本や米国にも、法の不備がないわけではありませんが、このは理論は大きな抑止力となります。
  • 参考文献を探す:信頼できる紹介元がいない場合は、アドバイザーの参考文献や信用情報をオンラインで検索してみましょう。投資歴と資産が多ければ多いほど、アドバイザーはたくさんの投資をしているはずです。例えば、有名投資家のようにETF等を介してFXをしているのであれば、彼らは信用に値します。

もし、この検索プロセスに戸惑いを感じたり、信頼できるアドバイザーがいない場合は、従来の方法に代わる新たな方法として、投資家に大きなメリットのあるFXソーシャルトレードがあります。具体的には次のようなメリットがあります。

  • 透明性が格段に向上する:パフォーマンスランキング、リスク、トレードスタイルの情報を提供してくれるので、そのトレーダーのパフォーマンスをリアルタイムでモニターすることができます。
  • エントリーコストを小さく始めることができる:一部の業者では数百ドルから、実績のあるトレーダーに取引してもらうことができます。
  • 別のプロトレーダーに簡単に切り替えることができる:様々な選択肢があるので、簡単に別のトレーダーに変更することができます。
  • ミラートレードができる:ソーシャルトレーディングサイトのソフトウェアを使用して、あなたの選んだプロトレーダーにリンクし、ソフトウェアが自動的にそのトレーダーのすべての取引と一致させることができます。

プロトレーダーをフォローする:FXソーシャルネットワークとトレード 2007年から2009年にかけて、ソーシャルネットワークやソーシャルトレードサイトが株式投資家にとって有望なものであると認識され始めたため、ソーシャルネットワークを介して群衆の感情を把握し、ソーシャルトレードを介してトップトレーダーの動きを真似るというアイデアが、FXにもすぐに適用されるのは当然のことでした。 2010年後半に登場したソーシャル・トレーディング・ネットワークは、エクスポージャーや分散投資をしたい多くの投資家にとって理想的な手法となりつつありましたが、トレードで成功するだけの時間や専門知識が不足していました。 トレーディングネットワークは、少し古く、同じように価値のある新しいツールであるFXソーシャルネットワークから進化しました。

FXソーシャルネットワークとは

リテール(個人の)FXトレードが10年前に人気を博したことで、FXソーシャルネットワークは誕生しました。株式などの他の金融市場に比べて、リテールFXトレードはまだ黎明期にあり、主流の投資家にはまだほとんど知られていません。主流メディアからは無視されており、どのような報道も表面的で誤った情報が多い傾向にあります。リテールトレードはオンラインで生まれたものであり、他の金融商品との情報格差を埋めるのは当然のことでした。これらは以下の内容に該当します。

  • FXブログ:com、forexfactory.com、dailyfx.com、dailyforex.com等です。
  • FX会社のコンテンツ:良い分析を提供しているものもあれば、ニュースの要約に過ぎないものもあります。しかし、ブログとは異なり、ブローカーの法的・法的責任に関する懸念から、具体的な取引アドバイスは避けられています。

プロによるOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)の大きな部分を占めるのは、メンターや同僚からのインプットです。ほとんどのFXトレーダーは通常、自宅で一人でトレードをしているため、オンラインFXソーシャルネットワークは、実践的なアドバイスやニュースの情報源として、大きな役割を担っています。新しいトレードチャンスを探しているときも、同じペアや時間帯でトレードをしているときも、トレーダーは簡単に情報を共有し、お互いのトレードのアイデアや方法を批評したり、検証したりすることができます。 実用化の最初の試みは、BabyPips.com、ForexFactory.com、ForexPeaceArmy.com、Forexpros.com、およびDailyFX.comのようなコンテンツサイトにあるForexフォーラムでした。これらのサイトは、トレーダー間の情報交換やアドバイスの場を提供していましたが、FacebookのようなSNSのような、個人のプロフィールを重視したインターフェイスとしては十分ではなかったのです。また、ZuluTradeやTradencyのように、自動化された戦略のみを提供するサイトもあり、これは一種のソーシャルトレードと言えるかもしれませんが、フォーラムのような完全なソーシャルインタラクションにはまだ欠けていました。その後、3年間で、これらのニーズを満たした外国為替ソーシャルネットワークが登場しました。その中で最も有名なのは、eToroMyfxbookです。 ソーシャルネットワークの定義は明確ではありませんが、典型的なFXフォーラムよりもユーザーのプロフィールや取引資格を重視したウェブサイトとして定義しておきます。 2009年当時、これらの新興のFXソーシャルネットワークは、たくさんのアドバイスや交流を提供していましたが、真のプロトレーダーを見分ける方法がまだありませんでした。サイトには説明責任を果たす手段がなく、誰がフォローする価値があるのかを簡単に見分けることができていませんでした。

ソーシャルトレーディングとは

  • そして2010年後半には、Currensee(これは典型的なソーシャル・トレーディングの失敗作となった)とeToroがソーシャル・ネットワークを次のレベルに引き上げました。そして、アイデアがメインだったマーケットプレイス(電子商取引プラットフォーム)から、実践的なトレーダー用のマーケットプレイスへと変貌を遂げました。それは自動的に選ばれた1人以上のプロトレーダーの取引を模倣することができるサービスです。トレーダーのニーズに最も適したトップトレーダーを特定するために、スタイル、パフォーマンス、最大ドローダウン、その他のリスクデータ、経験値などの詳細なデータを含むトレーダーランキングが含まれています。

海外の大手FX会社の多くは、既存のソーシャルトレードサービスと連携するか、自社で構築しています。なぜでしょうか?それは、ソーシャルトレードが大きなニーズを満たしているからです。 FX初心者であれば、プロトレーダーに任せた方が実際に稼げる可能性が高くなります。自分自身がプロトレーダーになりたいと思っている人は、同じような成績になるまで口座の一部をプロトレーダー経由でトレードすることで、早く稼げる可能性が高くなります。少ない労力でFXを始めてみたいという方には、最善の策と言えます。 ソーシャルトレードはもっと広義の用語で、ミラートレードやコピートレードもソーシャルトレードの一種と言えます。つまり、ミラートレードやコピートレードもソーシャルトレードの一種であると考えられます。しかし、両者は同じものではありません。 ミラートレードとは、様々な自動売買サービスやシグナルサービスでトレードを自動的にコピーする取引スタイルのことを指します。 コピートレードとは、ミラートレードと似ており、真似したい取引やトレーダーを直接コピーする取引スタイルのことを指します。 ミラートレードとコピートレードはどちらもソーシャル取引の例です。多くの点でこの2つは非常によく似ています。では、どちらが自分に適しているかをどのように判断すべきなのでしょうか。 こちらもお読みください。ソーシャルトレード vs ミラートレード vs コピートレード

ソーシャル・トレーディングの仕組み:メリット

基本的には、自分の好きなトレーダーの中から1人以上を選び、その人の毎回のトレードを模倣したFX口座を作成し、自動的に(ブローカーにもよりますが)トレードをする設定をするということになります。 プロトレーダーは、収益性やフォロワー数など、サイトによって異なるパフォーマンス指標に基づいて報酬を得ています。 そのプロトレーダーが取引を行うと、あなたのリンク先のアカウントが同時に自動的に同じ取引を行うか、あなたに通知して承認を待ちます。このようにプロトレーダーを模倣することで、ソーシャルトレードはプロトレーダーと似たようなものとなり、エントリーコストの削減、透明性の向上、プロトレーダーの切り替えの容易さなどの利点があります。また、選んだトレーダーがリアルタイムでどのようなパフォーマンスを発揮しているのか、他のトレーダーと比較してどうかを常に知ることができます。選んだトレーダーのパフォーマンスが低い場合は、他のトレーダーに切り替えることが可能です。

ソーシャルトレードのリスク

理論的には、実績のあるプロトレーダーがトレードをすることで、FXで勝てる確率が大幅に向上するはずです。しかし、ソーシャルトレードにはもちろんリスクがあります。プロは常に利益よりもリスク管理を重視しているので、まずはリスクを考えてみましょう。

トレードの時間差リスク

トレード結果は、選んだトレーダーの結果を正確に反映しているでしょうか。また、フォローしているプロトレーダーのトレードを正確に模倣しているでしょうか。通貨の価格は急激に変化するため、あなたのトレードは、プロトレーダーのそれとは若干異なる価格で執行される可能性があります。例えば、スキャルピングのように、1分単位の動きから非常に小さな利益を得ようとするFXテクニックでは、その差がフォロワーにとって利益を損失に変えてしまう可能性さえあります。 使用するサイトによって、このトレードの時間差リスクに対処する方法は異なります。

選考プロセスとトレーダーの質が異なる

成功の鍵は勝ち組トレーダーを選び、上手くいかなかった場合に他のトレーダーに切り替えるタイミングを知ることです。そのために迅速かつ簡単に最適なプロトレーダーを選択する能力を持っている必要があります。 プロトレーダーの質を見極めるために、以下のことをよく知っておく必要があります。 厳格な選考プロセス EToroは、以下のようなフォロワーを募集しています。

  • 登録前の3ヶ月間に「取引履歴」が明記されていること。
  • 一定のパフォーマンス、トレード頻度、フォロワー目標を継続して達成していること。

プロトレーダーの報酬システム 報酬システムは以下の通りです。

  • フォロワー数が収益に直結する。
  • より良いプロトレーダーを募集するために、非常に報酬条件が良い。トップトレーダーに良い報酬を提供することができれば、良いトレーダーを集めることができるため。

ソーシャルトレードの成功の鍵は、自分のスキルと判断力 ソーシャルトレードは成功への大きな近道ではありますが、聖杯とは程遠いものです。プロトレーダーの選び方、どのくらいの期間彼らと付き合うか、そして自分自身の心理、リスク、資金管理の問題にどう対処するかを知るにはスキルが必要です。これらの問題については、もちろんご自身にも責任が発生します。このような問題は非常に重要ですが、マスターするのはとても難しいのです。 つまり、テクニカル分析トレーダー心理学リスク、資金管理などのスキルがまだ必要なのです。

  • ご自身のリスク許容度、資金力、トレードスタイル、現在の市場に最も適したプロトレーダーを選択し、例え損失を被ったとしても他のプロトレーダーに早々に切り替えずに、どのくらいの期間彼らを信頼できるかを考慮してください。
  • 自分のリスクとお金の管理に責任を持ってください。

要約すると、プロトレーダーを選んだとしても、あなたの手にはたくさんの決断が残されているということです。例えば

  • あるソーシャルトレードのシニアマネージャーが語ったように、最も収益性の高いトレーダーは最もリスクの高い戦略を使用する傾向があります。どのプロトレーダーをフォローすべきかを選択する際には、サイトのランキングや収益性の指標だけに頼らない方が賢明です。心理的にも金銭的にも、ダメージのある大きな損失を受け入れることができるかどうかが重要です。プロトレーダーも人間なのでコールドストリーク(連敗して負けが続いている状態)で、完全に手がつけられなくなる可能性があります。
  • 現在の相場に適したトレーダーを選択する必要があります。トップヘッジファンドのマネージャーと同様に、スタートレーダーでももちろん、勝ったり負けたりすることがあり、特定の種類の相場でより良いパフォーマンスを発揮する傾向があります。最低限、今後数週間や数ヶ月においてリスク資産や安全資産に有利になる可能性が高いのか、トレンドが強いのか、レンジ内で推移するのかについて、ある程度の見識が必要になります。そして、プロトレーダーの実績が、あなたが予想するような相場の下で形成されたものであるかどうか、そのプロトレーダーが今後の相場で成功すると信用できるのに足る何らかの理由があるかどうかを評価する必要があります。どのサイトでも警告しているように、過去の実績は将来のリターンを保証するものではありません。選んだプロトレーダーが、現在または近い将来の相場でパフォーマンスを発揮し続けるという理由を明確に説明できるようにしなければなりません。
  • 口座管理の責任を完全に負うことになります。プロトレーダーのパフォーマンスの指標は、リスク許容度と最大ドローダウンも示していますが、プロトレーダーは、あなたに対してではなく、彼らの資金力とリスク許容度に基づいて意思決定を行っています。つまり、ドローダウンをカバーするのに十分な資金が口座にあるかどうかも考慮しておく必要があります。これは、複数のプロトレーダーをフォローしている場合に特に当てはまります。先に述べたように、選択したプロトレーダーのレバレッジと最大ドローダウンのデータについての理解を前提に、選択したプロトレーダーのドローダウンに耐えられるだけの十分な現金を口座に保有していることを明確にしておく必要があります。あなたの資金力に疑問を持っている場合は、それが明確になるまでトレードを控えることをおすすめします。そうでなければ、マージンコール(証拠金使用率が一定水準に到達した際に表示・送信されるアラート)が発信され、あなたのお金を失うことになる可能性が非常に高いのです。

注意点と警告 フォローするプロトレーダーとリンクする前に、まず、彼らがどのくらいのレバレッジを使用しているか、彼らの予想される最大ドローダウンはどれくらいであるか、つまり、最悪のシナリオを想定して、マージンコールを回避し、口座に資金がどのくらい必要であるかを明確にする必要があります。 ソーシャルトレードは簡単なように見えるかもしれませんが、リスク許容度と資金力を明確にするまではトレードを控えましょう。

ソーシャルトレードのメリット

ソーシャルトレードのリスクとデメリットが明確になったところで、ソーシャルトレードの手法のメリットを見ていきましょう。

成功する確率が高くなる

驚くことではありませんが、より高い素養を持った人に取引を任せることは、少なくともあなた自身がプロトレーダーになるまでは、独自で取引を行う場合よりも良い結果を生むはずです。 金融サービス業界に特化したボストンのコンサルティング会社Aite Groupのレポートによると、プロトレーダーをフォローしているトレーダーの50%程度が四半期に利益を上げているのに対し、通常のリテールトレーダーは良くても30%程度しか利益を上げていないとのことです。 ソーシャルトレードサイトがトップパフォーマーの特定を容易にできるようになると、フォロワーがどれだけ増えても、このパフォーマンスの優位性は大きくなっていくでしょう。主要な株価指数とは異なり、一部の中央銀行を除いてはFXで数日以上も市場を動かすほどの出来高を生み出すことは非常に困難だからです。

時間の節約

ソーシャルトレードで成功するにはまだスキルが必要ですが、トップトレーダーになるために投資した時間と労力に比べて、膨大な時間と労力を節約することができます。 ご自身がスタートレーダーになることを夢見ている場合でも、投資した時間と労力に見合うだけの見返りがあるかどうかを考慮する必要があります。 結果が良くなる、時間が短縮されるなどの大きなメリットがあることから、多くの人がプロトレーダーになることではなく、トレーダーの才能を見極められるようになることを目標にFXを勉強することになるのではないかと考えています。他のファンドの株式で構成されているファンドや、投資信託やETF(上場投資信託)をポートフォリオの中心とした投資家がいるように、同じようにポートフォリオを構築したいと考えるFXトレーダーもいるでしょう。

他の市場との低い相関性を利用する

FXマスタークラスでもご紹介しましたが、通貨取引の性質上、トレーダーや投資家は下降相場でも上昇相場でも利益を得ることができます。また、FXとコモディティ取引には互換性があるので、熟練したFXトレーダーが特定のコモディティに簡単に応用でき、FXで利益を上げることが困難な場合でも、他のトレード機会を見つけてトレードすることが容易になります。 >>こちらもお読みください。FXとは何か – 知っておくべき3つの真実 景気が良い時には、最も人気のあるリスク資産に現金が注ぎ込まれ、それらがすぐに高値になってしまえば、高値掴みをして、利益を逃してしまう可能性があります。一方景気が悪い時には、同じことが人気のある安全資産にも起こります。どんな相場でもうまくいく資産を見つけるのは、すべての資産家の夢です。 FX市場の性質と規模を考えると、他の市場との相関性の少ない資産を求める人にとってFX取引は、他と比較できないほど効果的な市場です。たとえプロの投資家やファンドマネージャーであっても、熟練したFXトレーダーではないということです。ソーシャルトレードは、トレードスキルを身につけるために必要な投資をしなくても、プロのFXトレードのメリットを享受できる近道となるのです。 ソーシャルトレードでは、プロトレーダーの得意なトレードを自動的にミラートレードすることができます。プロトレーダーを見極めるためには技術が必要ですが、自分ですべてを行うよりも簡単で時間を要しません。

透明性:プロトレーダーの実績と現在のパフォーマンスがわかる

ご自身の結果と比較するために、プロトレーダーの記録も表示されます。最も優秀なトレーダーやヘッジファンド・マネージャーでも、損失を被る可能性があります。ソーシャルトレーディングでは、過去と現在のパフォーマンス情報を提供してくれます。選択したプロトレーダーやその他のトレーダーについても相談できるコミュニティがあります。

素晴らしいツールだが、使用するにはスキルが必要

ほとんどのFX初心者にとっては、少なくとも自分が高いレベルになるまでは、実績のあるトレーダーを使った方がうまくいくはずです。冒頭で紹介したデータを見る限りでは、ソーシャルトレードを利用した方がはるかに利益を得られる可能性が高いことがわかりますし、努力も最小限で済みます。 リターンを求めることが最優先事項であるならば、たとえあなた自身がプロトレーダーを目指しているとしても、FX資金の少なくとも一部をプロトレーダーのコピートレーディング充てない理由は無いでしょう。もちろん、ご自身でプロトレーダーになることを目標にしていない場合は、市場の状況やトレーダーを評価するためにFXについて十分に学び、最高のトレーダーを選び、そのポートフォリオを構築し、実際の取引を彼らに任せることに時間を費やした方が良いでしょう。 あなたがソーシャルネットワークでアクティブに活動し、トレードをして、常に自分のスキルを成長させていけば、才能のあるスカウトマンになれるでしょう。しかし、なんでも同じように、費やすべき時間(そしてお金も)が必要です。その代償に価値があるかどうかは、あなたの判断です。 つまり、ソーシャルトレードの効率性を全面的に売りにしていたとしても、他のビジネスと同様に、採用する人材を見極める目が必要であることを覚えておいてください。また、先にも述べたように、ソーシャルトレードの失敗談やデメリットもたくさんあるので、有能な人材を選ぶ際には注意を払う必要があります。

  • 自分自身を知り、どのようなトレードスタイルとリスクを選ぶかを決めます:ハイリスク戦略を持つトレーダーをフォローする場合、損失を被ることに耐えられるかということです。
  • リスクと資金管理:プロトレーダーから提供されたレバレッジとリスクのデータをもとに、一定時間にどれくらい資金を失う可能性があるのかを徹底的に理解する必要があります。つまり長期的な収益を見越してドローダウンを乗り切るのに十分な資金を手元に用意しておくべきなのです。
  • プロトレーダーのスタイルが現在の市況に合っているかどうかを見極める:異なる状況下で成功しているトレーダーがいるので、自分が選んだトレーダーが将来的に成功する理由をある程度把握しておきたいものです。ソーシャルネットワークの仲間達に相談するのも良いでしょうし、複数のトレーダーに分散させるのも良いでしょう。

言い換えれば、ソーシャルトレードでは、自分自身が優れたトレーダーである必要はありませんが、FXで成功するためには、4つのコアスキルが必要であり、特定のトレーダーやシステムをどれくらいの期間利用するかを慎重に選択する必要があります。 どんなに優れたプロトレーダーであっても、失敗する可能性は十分にあります。だからこそ、正しいトレーダーの選択と、リスクと資金管理をしっかりと行うことで、ソーシャルトレードをより有効に活用できるように学習を続けていきましょう。 まとめると、ソーシャル・トレーディングは非凡なツールであり成功への近道である可能性がありますが、それを適切に使用するためには、トレーダーを見極めるスキルや信頼できる有能なアドバイスが必要なのです。信頼できるトレーダーの見極めと資金管理ができるまでは自分自身の知識やスキルを身につけるためのツールと考えてはいけません。

幸先の良いスタート

ソーシャルトレードは2010年後半に始まったばかりであることを考えると、先に述べたような理由から大きな期待が寄せられています。しかし、まだ歴史が浅いこともあり、実績は非常に限られていることに未だ注意が必要です。 取引を開始する際には、少なくとも資本の一部を1人以上のプロトレーダーに充て、数ヶ月間に渡ってそのトレーダーの結果を検討し、自分なりの結論を導き出してください。

どのプロバイダーを使うかをしっかり検討する

情報だけに頼らないという当たり前の知恵に加えて、ソーシャルトレードプロバイダーは常にサービスをバージョンアップしているので、それぞれが新しい機能を提供したり、時間の経過とともに他のプロバイダーの機能を真似たりする傾向があります。ソーシャルトレードサービスの有用性を考えると、色々と試してみる価値は十分にあるでしょう。 ソーシャルトレード推奨アカウント >> ソーシャルトレード推奨アカウント

戦略とリスク許容度で相場を考える

自分の好みのFX手法がどの条件で最もうまくいくかどうかを判断することはコンピュータ化されたトレーダーでも人間のトレーダーでも大事なことです。ある市場では、他の市場よりもうまくいくこともあるでしょう。 だからこそ、長期的なトレンド、つまりトレードをしている時間枠の4~5倍の長さのトレンドを把握し、そのトレンドと調和した戦略、システム、トレーダーを選択するように努めるべきなのです。ただし、言うは易く行うは難しで、そのために信頼できる情報をしっかり利用する必要があります。 取引戦略においてどのくらいのリスク受け入れるかを判断するには、2つの大事なポイントがあります。

  1. ご自身の個人的なリスク許容度:個人で判断する必要があり、5分でも5年でも、どんな時間軸であってもリスクを設定する必要があります。
  2. その戦略がどれだけ相場に適合しているか:トレンドが強い場合は、そのトレンドでうまく機能する戦略を選んだ方がより大きくリスクをとることができます。ポジションを保有する期間が長ければ長いほど、トレンドやFXインジケータの信頼性が高くなるので、それに合わせて動くことが重要になってきます。
- Advertisement -spot_img
Latest Articles