Thursday, August 5, 2021

スイングトレード

Homeスイングトレード

スイングトレードの全て:2020年完全ガイド

全てのトレードの種類ごとに利点と欠点があります。スイングトレードの魅力は、トレードの機会が多いこと、ストップがトレンドトレードより近い為、リスクが低いこと、デイトレードよりも1トレードあたりの利益を得る機会が多いこと、利益を得るのが早いため感情的な満足感が得られることです。  スイングトレードの欠点は、トレードを管理するために常に努力しなければならないことです。怠ってしまうと、大きな利益を得る機会を見逃してしまう可能性があります。

十分な経験を得るために、初心者のトレーダーはスイングトレードから始めるのに十分であるという正論を立てることができます。 損失は、適切なストップロス手法で許容範囲内に抑えることができます。市場の短期的な動きと長期的な動きの両方を学ぶための良い視点を提供してくれます。

ここでは、ススイングトレードとは何か、最も人気のあるスイングトレードの種類、そして一流の手法を使って効果的にスイングトレードをする方法を説明しながら、トピックを深く掘り下げていきます。

スイングトレードとは何か?

スイングトレードとは、価格の変動から利益を得る中期的なトレードスタイルのことを指します。

スイングは、ボディとスイングポイントの2つの部分で構成されています。

トレードスタイルは、一度に数日間、トレードを保有するために忍耐を必要としています。 スイングトレードは、スキャルピング手法を含むデイトレードとポジショントレードの2つの人気取引スタイルの間に位置しています。

スイングトレーダーは、可能性のあるトレンドを見極めて、最低2日から数週間の期間、トレードを保有します。

一日中チャートを監視することはできませんが、毎晩市場を分析するために数時間を捧げることができる人に最適です。

スイングトレードは、フルタイムの仕事や学校に通っていても、十分な自由時間があり、世界経済の動向を常に把握している人に最適です。

スイングトレーディング戦略は、特定の通貨ペアの価格が近い将来上昇または下落する可能性があるかどうかを判断するために、ファンダメンタル分析またはテクニカル分析を採用しています。

スイングトレードは、中期的なトレンドの中で「スイング」を見極め、勝率が高そうな時だけエントリーします。

例えば、上昇トレンドでは、”スイング安値 “で買い(ロング)を狙います。そして逆に、一時的な反発トレンドを利用するために、”スイング高値“で売り(ショート)をします

スイングトレーダーとして、あなたの仕事は、スイング内で大部分をキャッチする方法でエントリーのタイミングを計ることです。スイングポイントをキャッチすることは、信じられないほど有利になりますが、絶対に必要なものではありません。

実際、スイングの極端なトップやボトムをキャッチしようとすると、損失の拡大につながります。これらのトレードにアプローチするための最良の方法は、我慢してプライスアクションの売買シグナルを待つことです。

それでは、様々な戦略に入っていきます。一番利益が出るのは、スイングボディです。

取引が1日よりも長く続くため、ボラティリティを乗り切るためには、より大きなストップロスが必要となり、FXトレーダーはそれを資金管理計画に適応させなければなりません。

短い時間枠の中で多くの価格変動があるため、保有時間中にトレードが不利な方向に動く事を見るでしょう。このような時に冷静さを保ち、自分の分析を信頼することが大切です。

通常、トレードの利益目標が大きいので、スプレッドは全体的な利益にそれほど影響を与えません。そのため、スプレッドが大きく、流動性が低い取引ペアでもOKです。ただ、スワップポイントには注意が必要です。

スイングトレードの種類

スイングトレードの方法は? スイングトレーダーがよく使う取引戦略はいくつかあります。

ここでは、リバーサル、リトレースメント(または巻き戻し)、ブレイクアウト、ブレイクダウンの4つを紹介します。

リバーサルトレード

リバーサルトレードは価格の勢いの変化に依存しています。リバーサルとは、資産の価格のトレンド方向の変化のことです。 リバーサルとは、 トレンド方向の変化 of です。 例えば、上昇トレンドが勢いを失い、価格が下落に転じた場合です。リバーサルは、ポジティブなものとネガティブなもの(または強気なものと弱気なもの)があります。

リトレースメントトレード

リトレースメント(または戻し)トレードでは、大きなトレンドの中で一時的に価格が反転するところを探しています。価格は一時的に以前の価格ポイントに戻り、その後、同じ方向に移動し続けます。

リバーサルは時に予測が難しく、短期的な戻しと見分けがつかないことがあります。 リバーサルはトレンドの変化を意味しますが、巻き戻しは既存のトレンドの中での短期的な「ミニリバーサル」です。

リトレースメント(または戻し)は、「メジャートレンドの中ではマイナーなカウンタートレンド」と考えてください。

リトレースメントであれば、価格が主要なトレンドに反して移動するのは一時的で比較的短いものになるはずです。

リバーサルは常に潜在的な戻しとして始まります。単なる戻しなのか、実際のトレンドの反転なのかが課題です。

ブレイクアウトトレード

ブレイクアウトトレードは、上昇トレンドの初期にポジションを取るアプローチであり、価格が “ブレイクアウト “するところを探しています。価格がレジスタンスのキーレベルを突破するとすぐにポジションにエントリーします。

ブレイクダウン戦略

ブレイクダウン戦略とは、ブレイクアウト戦略の対極にあるものです。  ダウントレンドの早い段階でポジションを取り、価格が”ブレイクダウン”(ダウンサイドブレイクアウトとしても知られている)するのを探しています。価格がサポートのキーレベルを突破するとすぐにポジションにエントリーします。

スイングトレードの方法

ステップ1: 日足に移動する

日足チャートで時間の大半を費やします。プライスアクションで何が起こっているのかをより大きく把握し、より信頼性の高いシグナルを提供してくれます。しかし、毎日の日足がすべて同じように作られているわけではありません。

FXの場合は、NYクローズを利用した特定のタイプのチャートを利用しましょう。各24時間セッションの終了時刻は、FX市場の非公式な終了時刻とされている東部標準時の17時です。

スイングトレードでは4時間足のチャートを使うことも可能ですが、日足が一番有効です。

私たちからの提案は、日足から始めることです。日足のスイングトレードで利益が出るようになったら、4時間足の時間帯に移行してみましょう。

原則として、プライスアクションシグナルは、下の時間帯から上の時間帯に移動すると信頼性が高くなります。

ステップ2: 重要なサポートとレジスタンスレベルを認識する

ステップ1とは別に、これは全体のプロセスの中で最も重要な部分です。

家の基礎を構築するように、重要となるサポートとレジスタンスのレベルを描画することを考えてください。これらを抜きにして、有利なスイングトレードを見極めることは不可能です。

スイングトレードを使った例を紹介する前に、2種類のレベルを定義してみましょう。

ホリゾンタルサポートとレジスタンス

これらは、チャートに必要な最も基本的なレベルです。市場でのスイングトレードのための素晴らしい基礎と、いくつかの最高のターゲットエリアを提供しています。

トレンドライン

すべてのテクニカルトレーダーがトレンドラインを使うわけではありません。 なぜ無視する人がいるのか、特にスイングトレーダーの場合は全くわかりません。

トレンドに沿ったエントリを見極める方法を提供するだけでなく、トレンドが反転する前に反転を見極めるためにも使用できます。

トレンドラインの正しい描き方についてのレッスンを必ず復習してください(上のリンクを参照、またはトレードマスタークラスに参加しましょう)。このようにトレンドラインを使うために知っておくべきことを全て解説してくれます。

ステップ3: モメンタム(勢い、方向性)を判断する

この時点で、日足を見て、関連するサポートとレジスタンスエリアを確認している必要があります。

以前の記事でモメンタムを評価するためにスイングポイントを使用することについて述べたことを覚えていますか?

これは、スイングの高値と安値が役に立ちます。

市場のモメンタムまたは欠如には3つのタイプがあります。

  1. アップトレンド: 高値、安値切り上げ
  2. ダウントレンド: 高値、安値切り下げ
  3. レンジ:横ばい

上昇トレンドにある市場は、高値を切り上げ、安値を切り上げています。

各スイングポイントが前回のポイントよりも高くなっているかに注目してください。

このような強気の勢いのある時には買いたいものです。

反対側には、ダウントレンドがあります。この場合、相場は高値、安値を切り下げていきます。

あなたはここで売りたいでしょう。次のステップで様々なプライスアクションシグナルに入っていきます。

最後はレンジ相場です。 その名の通り、市場がレンジ内で横ばいに動くときに発生します。

上のチャートには強気や弱気の勢いはありませんが、それでも有利なスイングトレードを生み出すことができます。実際には、上記のようなレンジは、しばし最高のトレードを生み出すことができます。これは、サポートとレジスタンスレベルが周囲のプライスアクションから際立っていることがほとんどです。

下のチャートの2本のピンバーを見てください。

ステップ4: プライスアクションシグナルに注目

 この時点でどこにいるかを確認しましょう。

ステップ1と2は、日足チャートでの重要なサポート、レジスタンスレベルの見分け方について説明しています。

次のステップ3では、  市場のモメンタムを判断する ことを学びました。市場がアップトレンドにあるか、ダウントレンドにあるか、またはレンジにあるかを教えてくれます。

市場がアップトレンドの場合は、主要となるサポートから買いのシグナルを見ます。

私たちのお気に入りの2つのローソク足のパターンは、ピンバーエンガルフィングバーです。

ここでは、アップトレンド中に重要なサポートで発生した強気のピンバーの素晴らしい例を紹介します。

このピンバーシグナルを利用して、市場で買いエントリーするのが目的です。こうする事で、市場が上向きにスイングし、現在の流れを継続しているときに利益を得ることができます。

一方、市場がダウントレンドにある場合は、レジスタンスからの売りシグナルを監視したいと思います。

ここでもピンバーのようなシグナルを使って、スイングポイントとも呼ばれるスイングの高値を認識します。スイング内全てを取る事はできないかもしれませんが、問題ありません。

なるべく多く取ろうという考えですが、プライスアクションの確認待ちが肝心です。

設定を探すときは、必ずチャートをスキャンして下さい。設定を探さないようにしましょう。この二つの行動は似ているように聞こえるかもしれませんが、それは程遠いものです。

設定をスキャンするということは状況を見て判断することです。言い換えれば、最高の設定をスキャンしていて、何も見つからなくても、それはそれでいいのです。多くのトレーダーは、コンピューターの前に座るたびに設定を見つける必要があると感じています。これを設定を探していると言います。

スイングトレードの機会をスキャンすることを忘れないで下さい。探してはいけません。オンラインマスタークラスでは、低リスクで高利回りのトレードを特定し、実行するためのスキャニング・ステップを詳細に説明しています。

ステップ5: 決済ポイントを特定する

決済ポイントを特定するには、2つのルールがあります。

最初のルールは、利益目標とストップロスレベルを定義することです。多くのトレーダーは、ターゲットを特定するだけでストップロスを忘れてしまうというミスをしています。このミスは駄目です。次のステップで説明するようにリスクを計算するためには、ストップロスレベルを定義しておく必要があります。

2つ目のルールは、資本金がリスクを負う前に、この両方のレベルを見極めることです。

中立のバイアスがかかっているのはこの時だけです。

お金が危険に晒されるとすぐに、中立的な立場は消えてしまいます。そうなってしまうと、市場の動向を基準にするのではなく、自分のトレードに利益をもたらすレベルに決済ポイントを置くことを容易にします。

では、決済ポイントの見極めるにはは、何がベストでしょう?

答えは、シンプルです。ステップ2で確認したサポートとレジスタンスレベルを使うだけです。

GBPUSDの強気ピンバーを覚えていますか? (再確認するには、ステップ4を参照してください)

ここでは簡単に利益目標を決める方法を紹介します。

この場合、GBPUSDは目標を超えて上昇しましたが、問題ありません。スイングの大部分を獲得するのが目標なのを忘れないで下さい。利益を得る為に全ての動きを掴む必要なありません。

ステップ4からのAUDNZDの弱気ピンバーでも同じことができます。

これらの水平エリアとトレンドラインが基礎であることを覚えておいてください。

チャートに表示されたら、それらを有利に使用します。

ストップロス注文の設定や管理方法については、こちらのレッスンをご覧ください。

ステップ 6: リスクの計算と管理

取引の決済ポイントを確認したら、次はリスク管理です。

ストップロスレベルと利益目標の特定方法を説明する前に、2つの重要な概念を共有したいと思います。

1つめは RRR (リスクリワードレシオ)です。これは、単一の数値を使ってリスクを計算する方法です。例えば、100ピップスのストップロスと300ピップスの目標が1:3の設定です。

同様に、リスクが$100で、$500ドルの利益を得ようとしている場合、リスクリワードレシオの比率は1:5です。2つめは不均整についてです。

利益に対する有利なリスクリワードレシオは、少なくとも損失に対して利益が2倍になることです。リスクリワードレシオは1:2またはそれ以上が理想だと言われています。

どんなトレードでもリスクを計算する際に、まず最初にやっておきたいのがストップロスをどこに置くべきかということです。

ピンバーの場合、ベストな位置はヒゲの上か下です。

強気または弱気のエンガルフィングパターンも同様となります。 ストップロスは、ローソク足の上または下に約10~20ピップスのストップロスを設定すると良いでしょう。

ストップロスの位置を決めたので、次は利益目標を決めます。

ここで、これらの重要なレベルが再び機能します。スイングトレードでは、サポートレベルとレジスタンスレベルの間に発生するスイングを得ることが目標であることを忘れないでください。

したがって、市場が上昇傾向にあり、サポートで強気のピンバーが形成されている場合は、次の質問を自問してください。

次の重要なレジスタンスレベルはどこにあるのか?

その答えは、ターゲットをどこに置くかだけでなく、有利なリスクリワードレオかどうかを判断します。

そうであれば、目の前に有効な買い場があるかもしれません。そうでなければ、傍観しましょう。

スイングトレードはあなたに向いているか?

正しい答えも間違った答えもありません。利益を得るスタイルを見つけることは、あなたが知っている以上に、あなたの性格や好みに関係しています。実際、あなたの選択したスタイルが性格に合わない場合、苦労することになります。スイングトレードが自分に合っているかどうかは、以下のポイントで判断することができます。

スイングトレーダーに向いている:

  • トレードを数日間保有するのに抵抗がない。
  • 少ないトレードを望んでいて、より慎重にとても良い設定かを確認したい。
  • 大きめのストップロスに抵抗がない。
  • 辛抱強い。
  • トレードが自分に不利な動きをしても、冷静さを保つことができる。

スイングトレーダーに向いていない:

  • テンポの速い、アクション多めが好き。
  • せっかちで、自分が正しいのか間違っているのかをすぐに知りたい。
  • トレードが不利になると不安になる。
  • 毎日数時間かけて相場分析できない。
  • 各セッション毎の動きを逃すことができない。

フルタイムの仕事をしていて、副業でトレードを楽しんでいる方は、スイングトレードの方があなたのスタイルに合っているかもしれません!

すべてのトレードスタイルには長所と短所があり、どちらを選択するかはトレーダー次第であることを覚えておくことが重要です。

- Advertisement -spot_img
Latest Articles