Saturday, November 27, 2021
Forex Trading MasterClass

FXスイングトレード:5つの有効な戦略

FXスイングトレードの基本を学び、人気の高いスイングトレードの手法や戦略の5つの貴重な使い方を得ることができます。スイングトレードFXのやり方を説明している例を見て、トレードのエントリーポイントと決済ポイントの見極め方を確認しましょう。

スイングトレードとは何か?

スイングトレードとは、比較的短い時間枠の中で、プライスアクションが変化するトレンドから利益を得ることに焦点を当てた取引スタイルの一種です。スイングトレーダーは、FXでの上昇・下降の動きを捉えようとします。ポジションは通常、1日から6日間保有されますが、トレードが利益を上げたままであれば、数週間続くこともあります。スイングトレードをするFXトレーダーは、様々なテクニカルインジケーターを使って、パターンやトレンドの方向性、短期的なトレンドの変化の可能性を見極めてトレードのチャンスを見つけます。

FX スイングトレードの例

図の説明:
A – トレードのエントリーポイント
B – ストップロス
C – 価格予想 (決済レベル)
D – フィボナッチテクニカル分析

FXのスイングトレードには、数多くの戦略があります。 この例では、フィボナッチリトレースメントを使用して生成されたトレードシグナルに基づいてスイングトレードを示しています。 この例で使用したチャートで最も重要なポイントは、トレードのエントリーポイント(A)、決済レベル(C)、ストップロス(B)の3つです。どんなスイングトレードシステムでも、これらの3つの重要な要素が含まれている必要があります。

ストップロスレベルと決済ポイントは、特定のテクニカル設定が発生したときに約定されるため、設定された価格レベルに留まる必要はなく、あなたが使用しているスイングトレード戦略によります。このFXスイングトレードの目安となる期間は約1週間です。スイングトレードで典型的な時間枠を認識する事は重要です。そうすることで、トレードを効果的に監視し、利益を生む可能性を最大化することができます。

5つのFXスイングトレード戦略

トレードの機会を見極め、最初から最後までトレードを管理するために使えるスイングトレード戦略を以下の5つにまとめました。最も興味を持っている通貨ペアにこれらのスイング取引のテクニックを適用して、可能性のある取引のエントリーポイントを探します。

1 – フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントパターンは、トレーダーがサポートとレジスタンスレベルを識別するために使用することができ、FXチャートの可能な反転レベルです。

通貨ペアは、多くの場合、再び反転する前に、トレンドの中で一定の割合で戻す傾向があり、チャート上に23.6%、38.2%、61.8%の一般的なフィボナッチ比で水平線を引くことで、反転の可能性のあるレベルを明らかにすることができます。トレーダーは、フィボナッチパターンに適合していなくても、50%レベルをよく見ています。これは、通貨ペアが前の動きの半分をたどった時に、反転する傾向がある為です。

FXスイングトレーダーは、ダウントレンドの価格が61.8%リトレースメントレベル(レジスタンスレベルとして機能)まで後退し、跳ね返った場合、価格が23.6%フィボナッチライン(サポートレベルとして機能)まで下落し、跳ね返ったときに売りポジションを決済し利益を得ることを目的として、短期的な売りポジションにエントリーすることができます。

2 – サポートとレジスタンス要因

サポートラインとレジスタンスラインはテクニカル分析の要となるもので、それらを中心に成功するFXスイングトレード戦略を構築することができます。

サポートレベルとは、現在の市場価格の下で、売り圧力に打ち勝つために買いが十分に強い価格水準またはエリアを示します。その結果、価格の下落に歯止めがかかり、価格は再び上昇に転じます。FXスイングトレーダーは、サポートラインの下でストップロスを置き、サポートラインを跳ね返したときに買いトレードでエントリーすることを考えています。

レジスタンスは、サポートとは反対になります。  これは、売り圧力が買い圧力を上回り、価格が上昇トレンドに逆らって下落する可能性がある、逆戻りする可能性がある、現在の市場価格より上の価格水準またはエリアを表しています。 この場合、スイングトレーダーは、レジスタンスレベルの上にストップロスを置いて、レジスタンスラインからの跳ね返りで売りポジションを取ることができます。 スイングトレードシステムを組む際に覚えておくべき重要なことは、価格がサポートまたはレジスタンスレベルを突破した時に、それらの役割が切り替わるということです。かつてはサポートが、レジスタンスとなり、その逆も同様です。

3 – チャネルトレード

このスイングトレード戦略では、強いトレンドを示し、チャネル内で取引されている通貨ペアを特定する必要があります。FXチャートで弱気トレンドを中心としたチャネルを引いているのであれば、チャネルのトップラインから跳ね返ってきたときに売りポジションでエントリーすることを検討します。チャネルを使ってスイングトレードをする場合は、トレンドに合わせてトレードすることが重要で、価格がダウントレンドにあるこの例では、価格がチャネルを抜け出して上昇に転じ、反転やアップトレンドの始まりを示さない限り、売りポジションだけを探すことになります。

4 – 10日、20日単純移動平均線

また、最も人気があるスイングトレード手法のひとつとして、単純移動平均線(SMA)の使用が挙げられます。SMAは、特定の期間または期間の範囲内で、常に更新される平均価格を計算することで、価格データを平滑化します。例えば、10日SMAでは、過去10日間の毎日の終値を加算し、10で割ることで、毎日新しい平均値を計算します。それぞれの平均値を次の平均値につなげることで、FXチャート上の“ノイズ”をカットし、スムーズなラインを作ることができます。使用される期間(この場合は10)は、1分から週単位まで、任意のチャート間隔に適用することができます。 SMAの期間が短いものは、時間枠が長いものに比べて、価格の変化に素早く反応します。

10日と20日のSMAスイングトレードシステムでは、これらの期間2つのSMAをFXチャートに適用します。短期のSMA(10)が長期のSMA(20)を上抜けた場合は、アップトレンドが進行中であることを示しているため、買いシグナルが発生します。  短期のSMAが長期のSMAを下回ってクロスした場合は、ダウントレンドを示しているため、売りシグナルが発生します。

5 – MACDクロスオーバー

MACDクロスオーバースイングトレードでは、スイングトレードFXのチャンスを簡単に見極めることができます。 トレンドの方向性や反転を判断するために使用される最も人気なスイングトレードインジケーターのひとつです。MACDは2つの移動平均線、MACDラインとシグナルラインで構成されており、これら2つのラインが交差したときに売買シグナルが発生します。 MACDラインがシグナルラインより上を通過した場合は、強気のトレンドが示されており、買いトレードのエントリーを検討することになるでしょう。 MACDラインがシグナルラインを下回れば、弱気トレンドとなり、売りトレードを示唆しています。FXスイングトレーダーは、2つのラインが再びクロスするのを待ち、決済します。

MACDはゼロラインを中心に動いていて、ゼロラインの上でクロスしたとき(買いシグナル)、または下でクロスしたとき(売りシグナル)にトレードシグナルが発生します。

最後に

これらの戦略はすべて、あなたが最も興味を持っている通貨ペアのトレード機会を特定するのに役立つように、適用することができます。

FXトレードマスタークラスのテクニカル分析のレッスンでは、上記の戦略を実践するために必要な最も強力なインジケーターやチャートツール、その他多くのトレード手法や研究を詳細に説明しています。

Related Articles

- Advertisement -spot_img

Latest Articles